> UV対策 > こだわりのUVカット厳選グッズ
 

子どもにとって紫外線はリスキーです

WHO〜世界保健機構(World Health Organization)〜

毎年夏が近づくと気になるのはUVケア。近年は猛暑日も多く、紫外線対策は欠かせません。特に子どもたちにとって、紫外線を浴びることは以下のようなリスクがあるとWHOが注意を促しています。

 
  • 子どもは成長が盛んで環境に対して敏感。
  • 皮膚がん発症などのリスクを高める。
  • 生涯に浴びる紫外線量の大半は18才までに浴びる。
  • 紫外線は免疫系の機能低下を引き起こす。
  • 子どもは外で過ごす時間が多く太陽光を浴びやすい。
 

子どもを紫外線から防いであげるのはママの大切な役割。UVカットグッズをじょうずに活用して、今すぐできることから始めましょう。

出典:子どものための紫外線対策協会(PAC)
紫外線.com <WHO HP文書翻訳>
http://www.shigaisen.com

子どもにとって紫外線はリスキーです
 

お日様と仲よくするためのお約束<紫外線対策>

クールビットジュニア(一体型)

つばの大きい帽子をかぶって顔や首筋を守る。

ラ・ドゥ ラッシュパーカー(キッズ)

水辺で遊ぶときは、全身に日焼け止めクリームを塗り、UVカットスイムウエアを着用する。

TOMA2オリジナル エポカル ペア スポーツメッシュUVプロテクトウェア

UVカット効果の高い生地を使った服を着用する。

TOMA2オリジナル エポカル UVバリアクリーム&ボディシャンプー

日焼け止めクリームを効果的に使う。

 
紫外線って何ですか?

紫外線とは地上に到達する太陽光線の一種で、その波長の長さからA波、B波、C波に分類されます。紫外線は皮膚のDNAを傷つける危険性が強く、A波はしみ・しわの原因に、B波は皮膚ガンなどの原因になるともいわれています。真っ黒に日焼けした子どもたちの肌の原因もその紫外線。健康そうに見える子どもたちの真っ黒な肌は実は皮膚のやけどなのです。UVカットグッズを活用して、子どもを紫外線から防いであげましょう。